読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【第4回】英文法の参考書について

日本人が英語を読めるようになる、話せるようになるには英文法が不可欠になります。

 

たとえば日本語で自己紹介するときも日本語の文法が頭に入っているため

「私は山田太郎です。」

など正しい語順で言うことができるわけです。

外国人にとって日本語の文法は非常に難しい・・これは別の機会にお話するとして、

 

正しい文法を身につけることは大学受験の英語でも同様に必要で、

これを高いレベルで習得していなければ

センター試験はもちろん、私立難関大学、国立大学の長文・文法問題・英訳問題は突破できません。

 

根気よく繰り返して、全て習熟しましょう。

 

文法はどのレベルまで仕上げればいいのか?

センターレベルだと

センターレベルなら四択から一つを選べる、並び替えができる程度の実力。

 

簡単な例だと

He (  ) me money at three percent interest.

①borrows ②lends ③buys ④makes

 

 

答えは

② 

→ lend O1  O2  で「O1にO2を貸し付ける」 が決め手。

 

①は目的語を2つとることができず、

borrow O from 名詞 で「名詞からOを借りる」をとるため不正解。

③は意味から不正解でないことがわかる。

④はmake O1 O2 の形をとるが、

意味が「O1にO2を作ってやる」となるので不正解。

 

このような形で知らないと正解できない問題が多いのと、

センターの場合、試験時間の問題から文法に当てられる時間も少なくなってくるので

迷ってる時間もあまりないことは考えておこう。

 

 

私立大学や国立大学などでは

私立大学や国立大学などではさらに難しくなり、

一文の中でどこが誤っているのか判断しなきゃいけない問題が多くなる。

答えを知ると簡単だと分かるが、自分の実力だけでこの答えを導き出すことは難しい。

 

では、その問題の正答率を6割、7割で突破するために文法書を紹介していきます。

 

 

英文法書

1.基本(偏差値: ~60)

①ネクストステージ(NEXT STAGE)

 基本的な文法から会話表現、単語、アクセントが一冊でまとまっている

守備範囲の広い一冊。音声CDもついてます。

 

しかし守備範囲の広さからか時折説明が粗いことも多いので

質問できる方がいない人は注意。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

 

 

②総合英語Forest

難しいところなどは図やイラストなどを用いて分かりやすく説明している。

初心者に人気の一冊。

 

しかし練習問題が簡単すぎるため上級者や難関大学を目指す人には物足りなく感じるかも?

 

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

応用(偏差値:~70)

 ①全解説頻出英文法・語法問題1000

たった1200問。しかしこの本をやるか否かが難関大学合格への近道であることを教えてくれる一冊。

 

まず1問1問の解説がとても丁寧。

また多くの問題が四択で構成されているが、一章終わるごとに正誤問題、並び替え問題もあるため総合的に学習もできる。

 

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

 

 

②ロイヤル英文法ー徹底例解

 英文法の疑問点をすべて解決してくれる一冊とよばれています。

索引が工夫されているため辞書代わりにも用いられるかも。

 

しかし、この本の対象が大学生、社会人であるため大学受験レベルを超えているものも多いので

本当に時間が余っている人だけを購入することをオススメします。

ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解

 

 

 

終わりに

いかがだったでしょうか?

大学受験において英文法は英単語の次に重要なものとされているため、なるべく早く対策していきましょう!

英単語の参考書のおすすめはこちらで紹介していますのでよかったらご覧ください。

jukenchange.hatenablog.com

 

自分が触れたもののみ紹介したため、本の数が少なく感じるかもしれません。

 

私のオススメとしては時間がある方は

ネクストステージ と 全解説頻出英文法1000  です。

 

時間がない方は

全解説頻出英文法1000

をやってみるのをオススメします。

 

 

また中学の英文法があやふやな方は

 

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (東進ブックス 名人の授業)

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (東進ブックス 名人の授業)

 

 こちらをおすすめします。

丁寧に解説されているので苦手意識がある方にもおすすめです。

 

 

こちらの記事が皆様の合格への手助けになれたなら幸いです。

 

 

広告を非表示にする